望みどおりになっていたんだなぁ

先日、ドロドロの色んなものが出てきて苦しかったことを書きましたが、

ドロドロが溢れ出す - kinny528の日記

その直前までは久々に穏やか~な日々が続いておりました。真穂さんの音声やブログを読んで、子供に対する気持ちとかも変化してきて、とっても楽な気持ちで過ごせておりました。

 

そんな中、ドロドロが来る三日前くらいに、自転車こいでたら「全部自分の望んだことなのに、なんの文句があるの」っていうような、突っ込みが自分の中から湧いてきました。

 

家に帰ってそのことについて書き出していたら、本当にそうだなあと。
全部何年か前に自分が望んでいたことなのに、それが今叶ってるのに全然そのありがたさを受け取れてなかったなあと。
例えばですけど「今自分の時間がないなあ~、一人になりたいなあ」って思う気持ちも、私が結婚しなくて一人のままで、子供がいなければ味わうことができなかった種類の感情であって、一見ネガティブなように見える感情もすごく豊かなことなんだなあと。独身の時は専業主婦いいな~とも思ってたし、もし子供できたら三歳までは保育園でなく自分で育てたいって思ってたんだったなあ~そういえば、とかも思い出しまして。


一人より結婚して子供がいることが豊か、とか保育園より家が豊かとかそういうことではなくて、自分がそれを望んでいて今叶っているという状況があるならば、それに伴う感情はどういう種類のものであっても、豊かさのバリエーションの中の一つなんだなあと思い、そこを全然受け取れていなかった自分だったなあと気づき、家族に対して「ごめんなさい」の気持ちで涙がでました。

 

で、ああ、よく人生は自分の望み通りになってるって聞くけど、本当にそうなのかもしれないなあ、そう思えないのは受け取ってないからなんだなぁとやっと心で納得しました。

 

ってことは、望み通りになるのなら、本当は「明日からでも、自分を変える」って望めばすぐにでもできるってことかあ。「決めるだけ」ってそういうことなのかなあ、とぼんやーり思いました。
そして、この時ちょっと↑このように思ったことが、ドロドロの最中に自分の中から抵抗として出てきました。

 

広告を非表示にする