子供をモノサシにするのやめます

こんばんは。


先日真穂さんの音声の感想送らせていただいたら、ブログにてアドバイスいただきました。ありがとうございます(:_;)

過食も子どもの問題行動も。そのことを自分のモノサシにしないこと。 - 「すみません、ただのオンナに戻ります」。

 

子供の行動をモノサシにしてしまったら一生苦しい、ということ。
あああーーー、そうなのか。
真穂さんに指摘していただけなかったら、それ、今後もずっとやっていくところでした。今迄の人生、人のせい(特に親)にしてたことが多かったので、それを修正するよう心がけてきたつもりだけど、今度は子供が何かするたびに「全部自分のせい」って思うのは、自分の立場が変わってるだけで、思考パターンは完全には切り変わってないってことなんだな・・子供の力も見くびっていることになる。。
私のせいかもしれないし、そうじゃない場合もある。
子供をモノサシにする、その考えは手放します!!!

 

あと、音声のなかで、何かの「勝ち」に入ろうとするから、子供がそうなったときに足をひっぱられてるように感じるのでは?みたいな部分があって、アイタタタ・・って気づきました。その通りだったから。
私は学歴とか職歴にコンプレックスがあって、できない自分をダメ出しして生きてきたから、子供にはちゃんとしたレールに乗って欲しかったんだなあと。それも早いうちに。だから、レールどころかレールがある場所にも行けないかも、ということにがっくりきたのかも。子供をちゃんと育てる親、っていう括りで自分は入れなかった「勝ち」に入ろうとしていたのかも。
・・・ものすごく恥ずかしい。恥ずかしすぎる。

 

ほんとに今回の音声は私にとって、最近の言葉で言うなら「神回!」でした。
子供の個性・命が今後どう世の中で生かされていくんだろう、って思いながら見つめていくという姿勢(視点)を教えていただきました。
それまでは、先に「世の中」がありきで、そこに子供が当てはまってってほしい、みたいな必死な感じだったけど、まず「子供の個性」ありきで、それを生かす場所は多分あるだろう、みたいな感じに変化しました。
聞く前と後では、確実に気持ち変わりました。

 

あと、音声の最後のほうで、ジョーさんが今まで「考えたことがない」、というようなことをおっしゃってて、結構衝撃だったのですが、その言葉が後から後からボディブローのように効いてきています。今日から、私も考えないトレーニングしています。

まとまりがありませんが、今日はこれで終わります。
真穂さん、読んでくださった方、ありがとうございました!!