読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不安と怖い

前回のブログを書いたら、自分の状況が少しだけ客観視できたような気がした。
やっぱり私ずれていた。

 

今すべきことは、発達の「ちょっと気になること」は然るべきところに相談して、客観的な事実を把握すること。
あまり深刻に考えないこと、も
私が作ってた状況でした、と思って掘ってみるのもちょっと違った><

 

そんなわけで金曜に市の機関で相談、
簡単なテストを行い、言語面で半年の遅れがあるとのこと。
相談員さんには始め視線が合わない感じがあったけど慣れてきたら大丈夫そう、
閉じられた空間が苦手みたいだし(相談部屋から何度も脱走をした)、
今のところルールがある場所でみんなと同じことをするのは難しそう、
と意見をいただいた。
ただ、今の段階ではどうこうの判断はできないとのこと。
療育施設のことなども聞いて、帰宅してから施設検索、
気になった施設には見学の予約を入れ、
妊娠中からお世話になってるホメオパシーの先生にも子供の予約を入れた。

 

ここまでしたら、なんだか急にほっとして
初めて自分はめっちゃ不安で、怖かったんだ、ということに気づいた。
不安や怖さを拾えなかったから、
受け止めることもできていなかった、自分ごめん。

そして、私が作った原因があっての今、
という可能性がゼロではないから、
私の全責任において今後を決めねば!ぐらい気負っていたことに気づく。
なので旦那にも弱音を吐いてみる。

 

この一年がめちゃくちゃ大切。
だから、できること思いついたことはトライしてみよう。

 

 

広告を非表示にする