読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしかしてだけど

前回のブログを送信したあと、私的に恐ろしいことに気づいてしまった。

 

今子供の発達のことでちょっぴり気がかりなこと、あまり大げさに考えないようにはしているんだけど、2つくらいあります。
でも実はそれって自分が望んでいることなのではないか?と。
その事実があることで、なにか自分にメリットあると感じてるんじゃないの?と。


「いやいや、子供は健やかに育ってほしいし、そんなことはない」と一旦否定したものの、もしかして?と思い当たったのが、
例えばうちの子は公園とかで他のママに大変だねとよく言われるくらい、めっちゃ動くし逃げ足が速くて道路にもすぐ飛び出したり・・・

 

元気よすぎて大変→他の大人しい子の育児より大変に違いない→私は大変なことやってる(からエライ)と思い込む→自分の存在価値をそこに見出している、のかなと。つまり私が子育てを大変と思いたいから、子供が大変と思わせる事柄をしてくれてるのかなと。一度そう思ったらどんどんそんな気がしてきた・・・

子供がまだ歩く前のこと、義母に「毎日子供と付きっきりで大変でしょ?」と聞かれて「毎日楽しいのでそんなことないです」といった後に、なんとなく気まずさを感じてしまったのを思い出した。

 

あー、私はラク(ここでいえば楽しい子育て)をしてはいけないとどこかで思っていたんだ。
そして、いま子育てをしてる自分に価値を見出してたってことは、何もしてなくて素で存在だけしてる自分にはまだ心の底からのOKは出せていないんだな、ということが分かってしまった↓↓
それって、「ただのオンナ」に戻ることに反してるじゃないか。ちょっとはできた気になってたけど、全然じゃないか・・・。「ただのオンナ」道(もうほんと武道とかと同じ道だなって)って本当に深いなあと感じる。

 

幼稚園までの期間のこと考えるときも「子供と一緒にいて仕事しない」生活か「仕事して子供預ける」の二択しか思い浮かばなくて。それって仕事か育児どっちかしてない自分は存在してはいけないと思ってるんだな。

 

保育園の託児に二回ほど預けたことがあるが、二回ともずっと泣きっぱなしだった。そこでも、だから預けるのは早かったかな、まだ私じゃなきゃダメかなって自分の存在確認の材料にしてる。
さらに、今は仕事したくないと思ってる自分がいて、したくないなら「今はしたくない。私が子供といたい」以上。でいいのに、したくないことに何かたいそうな理由がなくてはいけないと思っている。

 

そんなわけで

今、そのままの自分を愛せるように、認めれるように日々やってるところだから、自分の価値を「子育て」(または「仕事」)に見出さなくていいよ、と改めて自分に言い聞かせてみる。

子供にも、気づかせてくれてありがとう。もう気づけたから、その点を私のために表現しなくて大丈夫だよと、言ってみました。

 

 

 

広告を非表示にする