伊勢神宮へ

こんにちは。

 

昨日は春分の日。そして、宇宙元旦ということで今年は伊勢神宮へ日帰り一人旅しました。

 

先月、家族旅行の行き先を考えていて 、ずっと気になっていた伊勢神宮を旦那に提案したのですが子連れにはアクセス悪いしそもそも「興味ない」と一言。じゃあ、もう少し先かななんて思ったものの、あれ?待つ必要ないよね、一人でなら日帰りで行けるよね?と思い行ってみることに。

 

一人寂しいかなあとも思いましたが、一人で行ったからこそ色々なものに感謝できたような気がします。

 

まずですね、行くと決めたあとになんだか漠然とした緊張と面倒くささが襲ってきまして、なんでかと思ったら、私結婚してから都内に行く時ですら、旦那が一緒の時は乗り換えとか自分で全く把握してなくて(もともと田舎者なので乗り換えは苦手)、旦那さん任せ。帰省のときの新幹線の切符もいつもえきねっとで取ってもらい、朝早いことが多いので当日の起床時間も旦那さんに聞く有様。今回久々に一人で遠出するにあたり、私は無事にたどり着けるんだろうか(汗)と。国内なのに笑ってしまいますが。
いつも旦那さんにもっと頼れる男になってほしい、みたいなことを思っていたのですが、私、十分頼っていたんだなって気づかされたというか。自分の望む形の頼もしさがないからって旦那は頼れないって思い込んで、日常頼ってたことにすら気づいていなかった自分に大反省です。

 

着いて最初は外宮と猿田彦神社、昼頃に内宮に行くと人出がすごかったのですが、そんななかでもパンフレットを眺めながらぼーっと思いっきり自分のペースで歩けたこと、人ごみの中でもスリとかに気をつけたり周囲を警戒しないで歩ける日本という国にすごく感謝したくなりました。

 

伊勢神宮って昔の人は「一生に一度は行きたい」みたいな場所で、例えば江戸時代とかだったら今私が住んでいる所からだと何日もかかって行くようなとこだったと思うのですが、今は日帰りでも参拝が叶うような交通網があってそれを動かしてくれている(休日にも働いてくれている人がいる)こと、そしてそれを可能にして来た過去の日本人の勤勉さが有難いしすごいことだなあって。
駅員さんや、伊勢神宮まわりにいる案内人の方とか何人もの人に道を聞いたり、乗り換えの質問したりしましたが、みんな優しくて嬉しかった。

 

それと私が一人でどっか行っても何も不満なく子供と楽しんでいる旦那にも(逆パターンだと私は嫌なのですが)、すごく感謝でした。

 

張り切って四時起きして午前中はめっちゃ元気だったのですが、午後はヘロヘロでした。次行くときは泊まりにするか、日帰りするならもっとゆったりスケジュール組もう(今回は外宮→猿田彦神社おかげ横丁→内宮→月読宮)と思いました。

お参り行けたこともだけど、面倒くささを乗り越えて(笑)行きたいと思った自分の気持ちを叶えてあげれて嬉しかった。
広告を非表示にする

ちっちゃな主張

たいしたことじゃないけどびっくりしたこと。

 

近所のいつも行列ができてるお肉屋さんに初めて入ってみた。お弁当買ってみたかったのです。二つ持って並ぶ。なかなか進まない。子供ぐずりだすが宥めつつ並ぶ。で、よくよく会計の流れを見てるとお肉コーナーとお弁当コーナーはレジが別だった(汗)弁当コーナーに並び直す。その時点で多分5分は確実に経っていて、並び直してからも5分近く経ちもう子供が限界で帰りたいと床に転がり始まる。お弁当を返して帰ろうかとも思ったけど、触ったのを返すのもな・・と思ってるうちに順番が来た。するとレジの人はたった今来たばかりのおばさんを先に会計しようとする。え?マジ?

 

そしたら自分の口から「すいませーん、私が先でーす」って、勝手に出てきてびっくり。先に払おうと思っていたおばさんもなんてことなく、「あ、そーですよね。ごめんなさい」と。一緒にいた男の子も「赤ちゃん先だったね」と。

 

・・・たったこれだけなんですが、私こういうとき多分今までだったら、心の中で「私が先なのに」って思いながらも何も言えず店員に殺気を送る(笑)か、自分が飛ばされた怒りを込めて「私が先なんですけど!ずっと待ってたんですけど(プンプン)」、みたいな主張するかどっちかだと思います。今回は、怒りとか何の感情も載せずただ自分のほうが先にいたよと、伝えた自分にびっくりしたのです。(子供を早く店から出したかったてのも、大きいですが)

 

店を出てから、おばさんのを待ってからでも1分と変わらなかったはずなのに、大人げなかったかなあ、と少しクヨクヨしましたが、でもそんな計算も働かないほど反射的に出た言葉だったので仕方がない。きっと自分を大切にしてる人から見れば、こんなの日常的にしてることだと思います。
今回反射的に自分を大切にできた気がしてうれしくもありました。

広告を非表示にする

今朝見た夢。

 

私は高校生で、バレーボールの試合中の体育館に途中でやってきて、選手交代をしてこれから試合に出ようとするんだけど、その矢先試合が終わってしまう。

 

その後また試合が始まるから、コートに入るんだけど、何かしら邪魔が入って全然試合が始められない。
私は「いいとこ見せたいのになあ、もう!」ともどかしく思っている。
(「いいとこ見せたい」というのは、私は中学の時にバレー部だったので、高校時代はバレーは好きというか他球技よりは得意だったから。今は全くできません。)

 

目が覚めて思ったのは「いいとこ見せたい」って誰に対して思ってるんだろう?でした。その後ふと来た思いは、「私」が「私に」いいとこを見せたいんだ、っていうこと。
つまり、私のいい所を私自身に見てほしい、もっと自分を活躍させてほしい=私を輝かせてほしい☆って心の中で思っているんだなあと思った。

 

うわぁ。
自分の深いとこの願望が浮上してきた。輝かせる、ってお題が大きすぎてちょっと戸惑います。
すぐに答えはでないのですが、意識して生活してみます。

 

 

 

広告を非表示にする

動揺・嬉しい・涙

こんにちは。

 

昨日はびっくり&嬉しい出来事があって、真穂さんがブログで私の書いたことを取り上げてくださったんです!!!
嬉しい(涙)(涙)(涙)

 

ほんとに、びっくりして震えました。
そして、読んでてとっても嬉しくて嬉しくて、真穂さんの書いてくださったことを一つも取りこぼしたくなくて、何度も読みました。

 

真穂さんがせっかくブログ紹介してくれたから、何かそれらしい良いことを今日は書きたい、と思ったのですが、、、書けるわけもなく(笑)
ただ、私やっぱり真穂さんのこと素直に憧れるし、一度もご本人に言えなかったけど改めて、「大好きだ☆」って思いました。

 

私は小心者なので、友達でも誰でも相手に先に好きって言われないと、自分も相手を好きって言えない・表現できないところがあるのですが、もうそういうのやめます。
幼稚園児のときの素直な心で生きていくのだ。

 

 

広告を非表示にする

泣き虫ヤロー

こんにちは。

 

絶賛断捨離中です。物の管理が苦手なのであまり物は持っていないほうだと思っていましたが、気づけばどんどこ増えていました。そして、物を捨てることへの抵抗感がすごいのですが(あとで必要になったらどうしようとか)、一方で、こんなに要らないもの(ゴミ)をたくさん握りしめてたんだな~、というのを思い知らされます。

 

幼稚園の年中のときの先生と親との連絡ノートが出てきました。読んでみると、今日は幼稚園で縄跳びの袋を失くして泣きました→その翌朝もその件で登園したくないと家でも泣く、とか、鞄かけが壊れて泣きました→その翌日もまたそれを思い出し登園したくないと泣く、とか、病院行った後に遅刻していくと一人で牛乳を飲むことになるから遅れて行きたくないと泣く、とか、母に園まで送迎してもらった後は教室に入りたくなくて泣いた、とか書いてあって、このノートを親にもらった数年前は、「こんなことで泣いちゃうんだ、やっぱり子供だなあ」くらいに思ったのですが、今再び読んだら、繊細だなあとも思うけど、「そうだよね、そんなことがあったら嫌だよね。気持ち分かる」って思った。
そーだった、私ってこういう子だった。弱っちいし、嫌なこと悲しいことがあればすぐ泣く。「みにくいアヒルの子」を読んでもらうといつも号泣だったらしいし(笑)
そして、私の本質ってこの頃からなんも変わってないかも(@_@ と気づかされた。

 

小4までは学校でも男子にからかわれたりすると3秒で(笑)泣くタイプで、それがずっとコンプレックスで小5で転校した時から、人前では恥ずかしいから泣かないようにしようとか、物分かりのよいいい子ちゃんでいよう、とかハリボテの別人格を演じ始めたんだよなあ。
すぐ泣く弱虫のままじゃダメだ、強くならなきゃって思っていて、実際大人になり強くなったつもりだったけど、単にずーっと我慢していただけだ。だって、本質は幼稚園児の頃と変わっていないもの。でも、そのような感じやすい自分みたいなのはずっと「出てくんな!」ってハリボテさんに言われていたんだよね。

 

「ただのオンナに戻る」を実践している真穂さんに出会えて、そういう弱い泣き虫な自分のままでもいいって思えて、しかもそれを体現して超・幸せそうな真穂さんがいて(真穂さんが弱いということではなく)、なんなら私、弱い自分のままのほうがより幸せになれるんではないかとも思えるようになったことは、本当に天地がひっくり返るような出来事だ!!(その自分を出すことに抵抗がある時は多々あるし、特に親とか旦那に対してね、まだまだ道半ばだけど・・)でも、この生き方を知れないままだったらと思うとぞっとする(;゚Д゚)

 

ほんと私がただ私であるだけで良かったんだね。連絡ノートが見つかったおかげで、私の戻る姿というか、取り繕ってないときの自分が垣間見えた気がしました。

広告を非表示にする

コップをカラカラにしないために

昨日は午前中は子育てルームで子供を遊ばせてから、ママ友のお宅に伺ってランチ。よく遊びに行くお宅なんだけど、そろそろ我家が招待する番だよなあ~と、思っているのに、帰りがけ「今度はうちに来てね」の一言が言えず、モヤモヤ。

 

なんでだろー、と自問自答してみた。
○○さんのこと好きなのにどうしてよんであげないの?
→だって面倒くさい。
なんで面倒なの?
→自分が帰ってほしい時間になっても帰ってくれなかったら「帰って」と言えないし、一人になりたいの。
でも○○さんてダラダラ長居する人じゃないし、そもそもこの間からずっと「一人になりたい」とか「自分のペースが・・」とか言ってるけど、なんで??

 

そしたら、しばらくして・・・

 

→だって、あたし全然満たされてないしもっともっと満たしてほしいねん
コップがスカスカやねん!!(←なぜか関西弁)
人にかまってる場合じゃないねん!!
てか、小手先のご褒美ケーキや一人カフェじゃ全然満たせてないよ!!

 

え、マジすか?そうなの?
小手先ってひどっ( ;∀;)・・私はそういう時間の積み重ねが自分を幸せにすることって思ってるけど違うの?
そんなにコップカラカラになるくらいの嫌なこと、最近はしてないし出会ってないはずだけど・・・

 

しばし、考えて思い当たったのが・・
担当してる自治会の仕事で最近ちょっと面倒なことに発展しそうな案件が続いて、起きてもいない最悪のことに発展した場合の想定問答を頭の中でしてたってこと。起きてほしくないことなのに、それを頭で考えているから消耗していたんだ。妄想で消耗なんてばかみたいだ。。

 

これのことでしょうかね?
→そやな。それもやし別件でも同じように妄想してるで。暇なんか?
不安なこと考えてると一気にコップにたまったものを消費するからな。気を付けや~

 

そうなんだ、私は不安になりやすい性質だ。
原因わかったから、自治会の件はもう旦那に対応をお願いして手放した。
そうしたら、先ほど心配事のうち一件は相手が訪ねてきて下さり自然に解決しました。しかも、来てくれた方がすごく頼もしい方だった。

自分だけで抱えない。
やれることだけやったら、あとは手放して、相手にゆだねる。
せっかく満たしつつある自分のコップをカラカラにしないために、余計なエネルギーを使わないようにしよう。

もっと自分や相手や世界を信頼していきたいな。

 

 

 

パン屋さんにて豊かさを感じる

先日久しぶりに行ったパン屋さんで感じたこと。

 

ちょっと普段行くより高めな値段設定のパン屋さんなので、いつも私は買う前に今日はこれくらいの金額まで買おう、とか決めて選んでいました。ところがその日は子連れだったので、子供が並んでいるパンをいたづらしたり勝手に触ったりしないかが気がかりで、大急ぎで直感で食べたいやつをパパパッといくつか選んでレジに持っていったのです。

 

値段を全く気にせず選んだので、合計金額に一瞬オッ!ってなったものの、お金を払うときに思ったのは、「あ~高い~」とかでなく「このパン買えて嬉しい~!!」だったのです。レジ台に置かれたパンが輝いて見えました。
そうか、豊かさを感じるってこういうことか!!いつも、気持ちの何割かを「お金が減っていく」ことに持ってかれてるから、手に入ったパンについて100%の豊かさを受け取っていなかった!!当たり前だけど、お金とパンは交換されているのに、「交換」の意識がどこか飛んでいて、「お金を支払う」ことと「目の前にあるパン」がうまく繋がってなかったというか・・


食べたいパンを思考を挟まずに買えたので素直に感じれたのだと思う。普段も心掛けているつもりだったけど、いつもの買い物では嬉しいとかありがたいとかまで感じれてないから、選ぶときやはり思考が入ってきているのだと思う。。
それに、会計の時の行動も気持ちも流れ作業というか何も感じないで支払っていることが多い。。一日一回買い物するとしてこの豊かさを感じるか感じないかは大きな違いになりそう!!

 

今回のパン屋さんで感じたような気持ちを、日常的に起こさせていくような選択をしていこうと思いました!