黙々と草を取る

今年の夏は十日ほど帰省。うち自分の実家は一週間。

実家では親戚が来たり、近所の友人と会ったり、基本家でまったりしていたのだけど、とても心が安定というか満たされたなあと思っていて、その理由が、暇さえあれば庭の草取りをしていたから。

 

祖父母が健在だったころはしょっちゅう二人で、庭にしゃがんで草を取っていた。それが当たり前の時は何も気づいていなかったけど、実はすごいことだったのだと分かったのは、二人ができなくなって庭が荒れ始めてから。


父母は時間がないのでじっくり草取りする暇がない。大きなところは草刈り機、細かいところは除草剤をまくようになった。(そしたら昔は見なかったワカメみたいのが発生するようになった!←イシクラゲと言うらしい)花も雑草に埋もれ、花壇の境目は分からなくなり生命力の強いドクダミ勢力を拡大していた。


昔に比べ荒れた庭を見て寂しくは思っても、自分が動こうと思ったことはなかったけど、今年はたっぷり時間もあるし、なんだか草取りしたくてたまらない。

 

結果、自分でも不思議だったのだけど・・・草取り一つで気持ちが変化した。
もくもくと手を動かし汗を流すこと、触っている対象が土とか草とか自然のものであること(ミミズや虫も出てくるけど)、そしてやったらやっただけ成果が目に見えること、等々すごく気持ちがいい。帰省中はスマホもあんま見てなかったせいか、余計な情報も入って来ず頭がスッキリしていた。

 

このことから、普段の生活では私は手や体を動かすことよりも頭に情報を入れることに偏っているのだなと気づき、自然に触れる機会がもっとあったほうがよいのだな、と感じた。草取り生活中の私は、その肉体労働のなかに喜びを見出していたし、自然とつながっていたせいか他人を気にしたり他人と自分を比較したりする気持ちが起きず、ただただ自分とだけ向き合えていた気がする。

こんな日常の足元に、自分とつながる方法があったなんて。足元を見てそこを整えることをせず、どっかに飛んでいそうな青い鳥を探して遠くや上ばっか見ていたんだなあと。

 

ふと思い出したのが、旦那のお母さんだったり前のヨガの先生。土いじりや野菜を育ててる人は日常をおろそかにせず地に足がついている(ように私には見えた)のは、文字通り自然とつながっているからなのか、と勝手に納得。

 

それと大げさかもしれないけど、どこか実家のことを他人事として見ていたけど、庭をきれいにしただけで、初めて自分事に感じられ(嫁行っちゃってるけど)、過去のここの家に暮らしてきた人たちが大事にしてきた土地に対する気持ちみたいなのを、ほんのちょっと共有できた気がした。ちょっと前の時代まで、土地=生活の糧=命綱 だったのだなと。

 

ずっと、農業とかも大変な面や、否定的側面ばかりが自分にはクローズアップされてたけど、もしかしてもしかして・・(職業としてというより自然とともに生活があるということは)すごい喜びを感じることなのかもしれない・・・という疑い?が出てきた。今は想像でしかないけれど。

広告を非表示にする

望みどおりになっていたんだなぁ

先日、ドロドロの色んなものが出てきて苦しかったことを書きましたが、

ドロドロが溢れ出す - kinny528の日記

その直前までは久々に穏やか~な日々が続いておりました。真穂さんの音声やブログを読んで、子供に対する気持ちとかも変化してきて、とっても楽な気持ちで過ごせておりました。

 

そんな中、ドロドロが来る三日前くらいに、自転車こいでたら「全部自分の望んだことなのに、なんの文句があるの」っていうような、突っ込みが自分の中から湧いてきました。

 

家に帰ってそのことについて書き出していたら、本当にそうだなあと。
全部何年か前に自分が望んでいたことなのに、それが今叶ってるのに全然そのありがたさを受け取れてなかったなあと。
例えばですけど「今自分の時間がないなあ~、一人になりたいなあ」って思う気持ちも、私が結婚しなくて一人のままで、子供がいなければ味わうことができなかった種類の感情であって、一見ネガティブなように見える感情もすごく豊かなことなんだなあと。独身の時は専業主婦いいな~とも思ってたし、もし子供できたら三歳までは保育園でなく自分で育てたいって思ってたんだったなあ~そういえば、とかも思い出しまして。


一人より結婚して子供がいることが豊か、とか保育園より家が豊かとかそういうことではなくて、自分がそれを望んでいて今叶っているという状況があるならば、それに伴う感情はどういう種類のものであっても、豊かさのバリエーションの中の一つなんだなあと思い、そこを全然受け取れていなかった自分だったなあと気づき、家族に対して「ごめんなさい」の気持ちで涙がでました。

 

で、ああ、よく人生は自分の望み通りになってるって聞くけど、本当にそうなのかもしれないなあ、そう思えないのは受け取ってないからなんだなぁとやっと心で納得しました。

 

ってことは、望み通りになるのなら、本当は「明日からでも、自分を変える」って望めばすぐにでもできるってことかあ。「決めるだけ」ってそういうことなのかなあ、とぼんやーり思いました。
そして、この時ちょっと↑このように思ったことが、ドロドロの最中に自分の中から抵抗として出てきました。

 

ほぼ妄想

先月末くらいから一日一行でもいいから毎日ノートを書こうと思って、たまに抜けることもあるけど、実行しています。


なんというか、向き合える場所吐き出せる場所があるというのは、すごく安心するものですね。それまでは感情のメモリが80とか100とか揺さぶられた時にしか書いてませんでしたが、メモリ10とか20とかでも、隠された自分の設定みたいなものが出てきて、自分のことでもほんと理解してないことが多くて、そんなこと考えてたんだ~ってパズルみたいで楽しいです。

 

自分なりのどうしてそう思うのか、の思考回路も書き出してみると、自分の中では例えば、自分はAである→なぜならBだから→Cとなって→Dという結論、とかなんの疑いなく思っていても、よくよく見るとAと結論Dの関係性を結ぶところは、ただただ自分の妄想でしかない、全然事実じゃない、ってことばかりで、いかに妄想で恐怖にとらわれていたか、とかが分かって我ながらびっくりしています。

 

昨日も、私は人と繋がりたいのに繋がりたくないみたいな矛盾が生じて、掘っていたら「私は陰に隠れていたい、存在を隠してひっそりしていたい、目立つのが怖い」みたいなことが出てきました。
それをずーっと掘っていったら、

自分の存在が注目される=人に期待される

期待には答えなくてはいけない、成功しなくてはいけない、途中で意見を変えてはいけない

自分の気持ちは置き去りにしても期待に応えたい、期待裏切って嫌われたくない。
その結果苦しくなるに決まってる(それが一対一の関係であっても、一対多数でも好きな相手には嫌われたくないのです)

だから誰にも注目されたくない みたいなよくわからないのが出てきました(笑)
こういう謎のやつが他にもいっぱいあって、
本当に自分は妄想というか実態のない結び付けにおびえていたんだなあと、思います。

 

自分は妄想族だと思ってましたが、ここまでだったとは。。。
こういうの一個一個地道につぶしている最中です。

広告を非表示にする

ドロドロが溢れ出す

こんにちは
きょうは雨降り。今は若干暴風雨ぽいですが、窓を開けていると風が入ってきて気持ち良いです。

 

日曜に旦那と子供のことで言い合いになったことが引き金となって、
そのことは解決した後もこの三日間すごいネガティブなドロドロが自分から溢れてきました。
昨夜寝るときは、黒いドロドロがずーっと土管みたいなとこから溢れ出るとこを映像化して垂れ流しにさせたたまま寝ました。(←この映像化はちょっと胸のあたりの苦しさがラクになりました・笑)

 

自分の握ってる思い、明らかに手放したほうが楽になる類のものでもなぜ手放せないのか?本当は握ったままでいたいのか?
そしてまた、自分に足りてないもの探しをし、ほかの人のブログを読んで苦しくなっていました。人に憧れることさえ苦しい。
本当は自分は変わりたくないのではないか?今のままのそこそこの幸せでいいと思っているのではないか?旦那とのことも改善できてきてると思ってるのはただのプラス思考ではないのか?などなどのグルグル・・・書いても書いても同じとこにいるような、自分の言い訳みたいなのばかり出てくる。

 

でも数日思う存分ネガティブドロドロを感じたら、今朝になって抜けた感じがあります。今日の天気も洗い流してくれているような気持ちです。
↑これらのことを思うことに対して、そんな自分を「変えたい、変わりたい」と思うことでまた苦しくなっていたけれど、それもダメ出ししてるだけで自分を受け止めていないことなわけで、、、そう思ってしまう自分もただ傍観してみる。

 

本当に今更・・今更ですけど、見たくない自分の気持ちがたくさん見えたけど、やっと自分と向き合えたような気持ちです。

 

 

 

 

 

夢のお告げ・・・に乗ってみる?!

こんにちは。

最近、前回のブログで書いたようなこと、自分の土俵はどこか?みたいなことをずっと意識して生活していたせいか、

(前にも同じようなこと書いてますが・・・夢 - kinny528の日記

結局答えは出ていませんが、一昨日朝起きる直前にそのアンサーともとれる夢を見ました。


日本でのある分野の第一人者の先生に「〇〇をしなさい。それをやるとあなたの魂が喜ぶんだよ」と夢の中で言われました。
ちなみにその先生の分野はその〇〇には一切関係ないし、そもそも面識はない方です(^^)が、その先生に言われたら説得力あるなあ~と個人的には感じてしまう方。

 

その〇〇というのは、5年くらい前にとあるヒーラーさんというか視える方に、kinnyさんはそれを多分やったほうがいいよ、って言われたこともあって(別のことで悩んで相談したのですが)。
当時は、それは私の地元ではすごく盛んなんですが今住んでる関東では多分そういうことをやれる場所や団体もなくて、言われた直後は色々調べたりしたものの、結局それの動画を見て満足したぐらいにして、そのままその朝まで忘れてたんですよね。

 

過去にそう言われてたのに、中途半端にしていた罪悪感からそんな夢を見たのかなあ、とも思ったのですが、どう受け取るかは自由なわけで。
もしかしたら本当に私の魂が気にかけていることなのかもしれない。。

 

で、今まであまり関連して考えたことがなかったのですが、うちの実家もそれを昔やっていた家なんですよね。その頃の道具とかいうのは今でもあって、文化祭やなんかの時には役場から展示したいから貸してください、って言われたりしている。
今回も動画をまたネットで見たりしたのですが、見てると背中のあたりがゾクゾク(ぞわぞわ?)くるのです。DNAが反応するのでしょうか(笑)


でも、その行為自体はもう廃れてしまって、多分正確に覚えている人がいなくて復活するのは厳しいことである。
失ってから大切さに気付くとは言いますが、なんだかそれがすごく切ないことにも思ったりするわけです。地区によってはきちんと伝承されているところもあるわけですから。


そんなことを考えていたら、ちょっとそのことについて調べてみてもいいのかな~。なんとなく別に魂がどうの、とか大げさなことではなく、普通に実は私が気にしている、気にかけていることなのかもなあ、という気がしてきました。

 

そのことやそのルーツを調べることと、自分がそれをやることはまた別問題のような気もするのですが、そして、一朝一夕にはどうにもならないことのような気もしますので、今後の人生のライフワークぐらいの気長さで、細く長く気にかけるような興味の持ち方で調べていくのもいいかなあ、と思いました。

 

あいまいな表現ばかりで読んでくださった方には、なんのこっちゃって感じだと思いますが、そんなことを考えていたここ二日でした。

自分の土俵とは。。

こんにちは。
お久しぶりのブログ更新となってしまいました。


先月くらいからずーっと眠くて、夜は9時10時に寝て、朝も普通に6時とかまで寝てしまう毎日。。ちょっと病気か?と疑ったり、自分と向き合う時間を避けてるのか?と疑ったりしつつな日々ですが、睡眠時間の多い少ないもモノサシにするの止めようと思ってそこを責めずに過ごしています。

 

で、今更過ぎて躊躇しますが、真穂さんの5月1回目の音声を聞いて。
今回も自分の土俵ってどこだろう?と考えさせられました。

 

「それがやれた人がいるからそういうふうに自分たちも強くなれるんだっていうのは、ちょっと危ない発想」というところが響いた。
強くなりたいとか強くなれるとかは最近はめっきり思っていなかったけど、いわゆる「自分を大事にして、キラキラして豊かに稼いでいます」みたいな人たちをみて、自分を生きていたら経済的に豊かになるのかあ~、そして経済的な豊かさみたいなのはそれを証明するバロメーターみたいなものなのかしら~?とは漠然と思ってた気がする。でも実はそうとも限らなくて、そもそも自分は自分らしくは生きたいけど、いっぱい稼ぐとかそこ目指してないよね?って思ったし、だったら自分はどんな状況が心地いいのか?なにが本当の幸せなの?って追求しだしたら、とたんに、ぼんや~りしてしまった。

で、振り返った結果、普段あまり意識してないけど「やりたい」って思ったことを「すぐにやれる自分である」状態が自分にとって心地いいんだ、と。

 

別に大それたことでなく、先週はずっと作ってみたかったドクダミ化粧水を仕込んだり(去年もこの時期気になってたんですが、きれいなドクダミを探すのが面倒でやめた)、ハーブの虫よけスプレーを仕込んだりしたら、やっただけでなんかすっきりしたんですよね~。あと、子供のおむつをはずそう!とふと思って、夏にやろうと思ってたけど、その日のうちに始めちゃったりとか(絶対苦痛と思ってたけど意外と楽しい、お漏らしすらかわいい)。


行きたいと思ったとこにすぐに行けるとか、会いたいと思った人にすぐに会いたいための行動をとるとか。それが何かと思い立った時にそうできない状況が重なったときに、ものすごいストレスを感じるのだなーと。

じゃあ日常のそういう小さな満足ではなく、人生という大きな目でみて自分は何をしたいんだ?ってなったら、情けないですが、やっぱりぼんやり。
もう青年期からずっとぼんやりです。
でも、日常の「ふと思い立ったやってみたい」→「やってみる」を大切にしていくしかないのかな、と。

 

なんだか、まとまりも結論もない文章です。

 

でも、この一か月でちょっと自分の中での変化もありました。お恥ずかしいのですが・・旦那とのレスが解消しました。解消したって思ってるけど、本当に解消したのか一時的なものなのかは謎ですが、少なくとも私の中で気持ちは変わりました。どうやら私は今まで、旦那にも自分の体にもゆだねてなかったんだな、頭の中でずっと考えごとしてたんだな(例えばですけど、あー最近腹が出てきて恥ずかしいなあとか・笑)、って分かりました。

 

ほんと、まとまりないですが、今日はそんなところです。

 

 

 

平常運転

こんにちは。
GWも終わりました。今年は5/2~8と割と長く帰省しておりました。
やっと連休気分も抜けて、体も気持ちも平常運転に戻ってきました。

 

遅ればせながら、真穂さんの4月三回目の音声を聞いて思ったこと。
まず、全体的に今回もめっちゃ面白かった~。


なんだろう、、私は今までの人生で色々勘違いをしていたんだなあ、と。


それと、旦那には男性としての恋愛感情はないけど、そんな中でもまだまだ関係性のなかで色々挑戦!できる余地があるということ。
相手をとおして、めっちゃ自分の発掘しがいがあるということ。
私はもっと肝を育てていくぞー、という新しい気持ちを持てました。
わたし多分めっちゃふわふわしてた。
結婚するまであっという間で相手をじっくり知ってからとかではなかったから、
(もちろん決めたのは自分なんだけど)
耐えられないことが起きると「もう無理、離婚だ!!」みたいにすぐ怒ってた。
でも、もっともっと腹を据えてここから学ぶんだ、ってして生きていきたいと思った。
外に求めるのでなく、足元から。

 

私一つ前の音声から聞き始めたのですが、前回話の内容とか以外の部分でもわりと衝撃で。
聞いてて、こういう会話が音声のための会話っていうより、本当に普段のお茶の間の延長なんだなって、伝わってきたから。
きっと真穂さんちの普段の会話はこんな感じなんだろうと。
もうほんと、本質的な話ばかり。
それに比べて我が家の会話、、スゲー薄っぺらいなあ。くだらないことしか話してないなーと(*´з`)
なんというか、日常の起こったこととか子供の一日の様子ならまだできるけど(それもやや苦手)、感情とか深いところの話になると旦那にすべて話すとか、分かち合おうとかっていうのが全然やってなかった。これじゃ一緒にいるのに循環してないよね。。

 

お茶の間で宇宙とつながるとか、二人で命を循環させることが無限だとかって話が、聞いていたら、すごく納得というか。

 

ほんと新しい視点を持たせていただき感謝です。
婚活塾楽しそうだな~。 

 

広告を非表示にする